2月3日出エジプト26-27章 マタイ24:1-35

『神の業と人の業』
【出エジプト27:20 あなたはイスラエル人に命じて、燈火用に上質の純粋なオリーブ油を持って来させ、ともしびを絶えずともしておかなければならない。27:21 アロンとその子らは、あかしの箱の前の垂れ幕の外側にある会見の天幕で夕方から朝まで、【主】の前にそのともしびを整えなければならない。これはイスラエル人が代々守るべき永遠のおきてである。】①ともしびは、神様がいつも人々の間でご臨在しておられることを現していました。ともしびがあることで、人々は神のいのちと光をいつでも見ることができたのです。しかしこれは人の業でもありました。人が主に仕え、その命令を実行することを通じて、人々に「主がご臨在されていること」を伝えることができたのです。・・・あなたが神の働きを知り、実行することを通じて、神の業が、人の業を通じて伝わるのです。

『イエス様の再臨を信じる恵み』
【マタイ24:3 イエスがオリーブ山ですわっておられると、弟子たちが、ひそかにみもとに来て言った。「お話しください。いつ、そのようなことが起こるのでしょう。あなたの来られる時や世の終わりには、どんな前兆があるのでしょう。」
24:32 いちじくの木から、たとえを学びなさい。枝が柔らかになって、葉が出て来ると、夏の近いことがわかります。24:33 そのように、これらのことのすべてを見たら、あなたがたは、人の子が戸口まで近づいていると知りなさい。】①イエス様は、十字架にかかられる前から、再臨について語っておられました。十字架と復活、その後の再臨は、神様の計画だからです。(具体的な前兆は、直接マタイ24章を読むことをお勧めします)あなたは、イエス様が、もう一度この地上に来られることを信じていますか。再臨が必ずあることを受け止めていますか。再臨を自分のこととして受け止めている人は、信仰生活に目標が与えられます。なぜなら、イエス様ともう一度、お会いできると本気で信じる者は、おのずと信仰生活がメリハリのあるものとなるのです。それを信じていない人(または知識だけで自覚のない人)は、試験のない試験勉強のようなもので、怠けてしまうのです。

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close