2月12日レビ記1-3章 マタイ27:45-66

『全焼のいけにえ』
【レビ1:3 もしそのささげ物が、牛の全焼のいけにえであれば、傷のない雄牛をささげなければならない。それを、彼が【主】の前に受け入れられるために会見の天幕の入口の所に連れて来なければならない。1:4 その人は、全焼のいけにえの頭の上に手を置く。それが彼を贖うため、彼の代わりに受け入れられるためである。】

①全焼のいけにえは、完全に焼き尽くされなければなりません。
本当の礼拝とは、全て捧げ尽くすものなのです。
あなたの礼拝は、すべてを捧げ尽くす礼拝ですか。

また礼拝を捧げるには、その前に罪からの赦しが必要です。
罪の赦しは「いのちが捧げられ」なければ成立しないからです。
これは最終的に、イエスキリストによって成就されたのです。(ヘブル10:5-10)

私たちは、その恵みを頂いて、罪赦され、神の子とされたのです。
その恵みを受け取り、味わい、感謝しましょう。

『キリストの苦しみと私たちの救い』
【マタイ 27:45 さて、十二時から、全地が暗くなって、三時まで続いた。27:46 三時ごろ、イエスは大声で、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と叫ばれた。これは、「わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。】

①イエス様は、天の神様と完全な交わりを持っておられたお方でした。
しかしこの時、罪人と同じ立場に立たされ、
神様との完全な断絶を体験されました。
これは非常に恐ろしいことです。

罪によって、神様から見捨てられたイエス様は、
人類の過去から未来の罪の重荷を全て背負わされたのです。
これは普通の人間では、発狂してしまうような重荷です。
この絶望は、私たちは到底耐えることはできません。

イエス様は「自らが苦しむこと」によって、
「キリストを信じ頼る人々(私たち)」を救い出してくださったのです。

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close