2月18日レビ記13-14章 使徒4:1-31

『汚れと聖め』
【レビ14:54 以上は、ツァラアトのあらゆる患部、かいせん、14:55 衣服と家のツァラアト、14:56 はれもの、かさぶた、光る斑点についてのおしえである。14:57 これは、どんなときにそれが汚れているのか、またどんなときにそれがきよいのかを教えるためである。これがツァラアトについてのおしえである。】

①主は、様々なものの「ツァラアト」と呼ばれる判断基準と、
その聖めの宣言基準について、記されました。

しかしこれは主の配慮でもあったのです。
イスラエルの民は、近くに住み、もし伝染病が起きたならば、
集団感染する可能性もあったのです。
主は「汚れた」ものを封じ込めるためにも、これらの教えを語られたのです。

聖さを学ばせるとともに、
衛生面の安全の為にも、主はこれらの戒めを語られたともいえるのです。

『祈りによる、聖霊の満たしを通じて』
【使4:29 主よ。いま彼らの脅かしをご覧になり、あなたのしもべたちにみことばを大胆に語らせてください。4:30 御手を伸ばしていやしを行わせ、あなたの聖なるしもべイエスの御名によって、しるしと不思議なわざを行わせてください。」4:31 彼らがこう祈ると、その集まっていた場所が震い動き、一同は聖霊に満たされ、神のことばを大胆に語りだした。】

①キリストの弟子たちは、キリストについて証しする「新しい勇気」が必要でした。
キリストと共にある生活においても、
私たちは苦しめられ、抑圧されたり、拒絶されたりすることがあるのです。

祈りを通じ、聖霊に満たされることによって、
それらの苦しみを乗り越えることができるのです。
そして力が与えられ、大胆にキリストを宣べ伝えることができるのです。

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close