2月24日レビ記25章 使徒8:9-40

『地は主のもの』
【レビ25:23 地は買い戻しの権利を放棄して、売ってはならない。地はわたしのものであるから。あなたがたはわたしのもとに居留している異国人である。】

①天の父は、選民イスラエルは、本当の土地の所有者ではないと言われました。
土地は主のものであり、人々はその土地を管理する人にすぎないのです。
同じように、今の時代、主イエスに従う人々が所有するものも、
主のものであり、私たちは管理を任されただけなのです。
私たちは、与えられたものを通じて、
神様を尊び、他の人を助けるために管理することを願われているのです。

『聖霊の満たしの大切さ』
【使8:14 さて、エルサレムにいる使徒たちは、サマリヤの人々が神のことばを受け入れたと聞いて、ペテロとヨハネを彼らのところへ遣わした。8:15 ふたりは下って行って、人々が聖霊を受けるように祈った。8:16 彼らは主イエスの御名によってバプテスマを受けていただけで、聖霊がまだだれにも下っておられなかったからである。8:17 ふたりが彼らの上に手を置くと、彼らは聖霊を受けた。】

①イエス様を信じたサマリヤの人々は、手を置くことを通じて、聖霊を受けました。
これは、ペンテコステの日に起きた出来事と同じことが起きたのです。
聖霊を受けたことがはっきりわかるしるしがこの時与えられました。

クリスチャン生活に、「聖霊の満たし」は、不可欠です。
聖霊の満たしを通じて、御霊に導かれたクリスチャン生活を送ることができるのです。

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close