2月25日レビ記26-27章 使徒9:1-31

『主への信仰と応答』
【レビ26:3 もし、あなたがたがわたしのおきてに従って歩み、わたしの命令を守り、それらを行うなら、26:4 わたしはその季節にしたがってあなたがたに雨を与え、地は産物を出し、畑の木々はその実を結び、26:5 あなたがたの麦打ちは、ぶどうの取り入れ時まで続き、ぶどうの取り入れ時は、種蒔きの時まで続く。あなたがたは満ち足りるまでパンを食べ、安らかにあなたがたの地に住む。】

①主は「主に従順な者」に対する報いを約束されています。
主は、私たちの信仰と主への応答を見ておられるのです。

『サウロを召した神の計画』
【使9:3 ところが、道を進んで行って、ダマスコの近くまで来たとき、突然、天からの光が彼を巡り照らした。9:4 彼は地に倒れて、「サウロ、サウロ。なぜわたしを迫害するのか」という声を聞いた。9:5 彼が、「主よ。あなたはどなたですか」と言うと、お答えがあった。「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。」】

①主は「迫害者」であったサウロを、
イエスキリストを宣べ伝える「伝道者」として召しておられました。
主のご意思は、サウロの思いや無理解をこえて、サウロを導かれたのです。

神の計画は、非常に強いものです。
人間が「主に反逆しなければ」、その計画は、「必ず実現する」のです。

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close