3月1日民数記7-8章 使徒11:1-18

『レビ人の聖別と奉仕』
【民 8:18 わたしはイスラエル人のうちのすべての初子の代わりにレビ人を取った。8:19 わたしはイスラエル人のうちからレビ人をアロンとその子らに正式にあてがい、会見の天幕でイスラエル人の奉仕をし、イスラエル人のために贖いをするようにした。それは、イスラエル人が聖所に近づいて、彼らにわざわいが及ぶことのないためである。」】

『証を用いる神様、神様の計画』
【使11:17 こういうわけですから、私たちが主イエス・キリストを信じたとき、神が私たちに下さったのと同じ賜物を、彼らにもお授けになったのなら、どうして私などが神のなさることを妨げることができましょう。」11:18 人々はこれを聞いて沈黙し、「それでは、神は、いのちに至る悔い改めを異邦人にもお与えになったのだ」と言って、神をほめたたえた。】

①ペテロの体験を聞いた人々は、
神様は異邦人に対しても救いを与え聖霊の満たしを与えることを理解しました。
ペテロの体験が、教会全体の体験へと進展したのです。
一人の人の体験が、大切な体験として他の人に影響を与えるのです。

あなたが神様と出会い、変えられたのならば、
それはほかの人への証として用いられるのです。
あなたの体験は、神様にとっては非常の重要なことなのです。

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close