3月4日民数記14-15章 使徒13:1-12

『不信仰と信仰の結果』
【民14:37 こうして、その地をひどく悪く言いふらした者たちは、【主】の前に、疫病で死んだ。14:38 しかし、かの地を探りに行った者のうち、ヌンの子ヨシュアと、エフネの子カレブは生き残った。】

①不信仰によって、約束の地に入れないと言ってしまった指導者たちは、
荒野で疫病で倒れました。
しかし信仰の告白をしたヨシュアとカレブは、生き残ることができたのです。
神様は、その人の信仰をしっかりと見ておられます。
そこにはごまかしは利かないのです。
あなたの正直な心が、そのまま結果となるのです。

『主の召しに応える』
【使13:1 さて、アンテオケには、そこにある教会に、バルナバ、ニゲルと呼ばれるシメオン、クレネ人ルキオ、国主ヘロデの乳兄弟マナエン、サウロなどという預言者や教師がいた。13:2 彼らが主を礼拝し、断食をしていると、聖霊が、「バルナバとサウロをわたしのために聖別して、わたしが召した任務につかせなさい」と言われた。13:3 そこで彼らは、断食と祈りをして、ふたりの上に手を置いてから、送り出した。】

①主は、アンティオケの教会を通じて、バルナバとサウロを特別な宣教の働きに召されました。
ここから世界宣教が始まったのです。
主は、エルサレム教会ではなく、
異邦人教会を通じて「世界宣教」の働きを始められたのです。
これは主の計画です。
主はそれぞれの教会ごとに「特別の使命」を与えておられます。
また個人においても「特別な働き」をする者たちが立てられているのです。
比較をすることなく、イエス様を見上げて、
それぞれの働きを忠実にすることが大切なのです。

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close