3月6日民数記18-19章 使徒14章

『きよめの水とキリストの血』
【民19:9 身のきよい人がその雌牛の灰を集め、宿営の外のきよい所に置き、イスラエル人の会衆のため、汚れをきよめる水を作るために、それを保存しておく。これは罪のきよめのためである。】

①ヘブル9:13-14は、キリストの血と赤い雌牛の比較をしています。
キリストの聖めによって、神に近づくことができ、
折にかなった助けを受けることができるのです(ヘブル4:16、7:25)。
キリストの血は、すべての罪から、私たちを聖めます。
私たちは、旧約ではない、新約の恵みの時代に生きているのです。

『悪の勢力との戦い』
【使14:22 弟子たちの心を強め、この信仰にしっかりとどまるように勧め、「私たちが神の国に入るには、多くの苦しみを経なければならない」と言った。】

①パウロはイコニオムで、人々から石を投げられ、
仮死状態になるような苦しみを体験しました(14:19)。
神様に従おうと真剣に考える人は、この世の中で、苦しみに会うのです。
「この世」に「イエス様の福音」を伝えようとするならば、
「悪い力の反発」を必ず受けるのです。
罪やサタンの勢力から、絶えず「霊的戦い」を受け、
その「霊的妨害」を乗り越え、
「キリストの勝利」を現すことができるからです。

戦いを「過剰に恐れる必要」はありません.
(キリストの勝利がありますから)。
しかし「戦いが現実にあること」を忘れてはいけないのです。

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close