3月11日民数記29-31章 使徒17:1-15

『贖罪の日』
【民29:7 この第七月の十日には、あなたがたは聖なる会合を開き、身を戒めなければならない。どんな仕事もしてはならない。29:8 あなたがたは、【主】へのなだめのかおりとして、全焼のいけにえ、すなわち、若い雄牛一頭、雄羊一頭、一歳の雄の子羊七頭をささげなさい。これらはあなたがたにとって傷のないものでなければならない。・・・
29:11 罪のためのいけにえは雄やぎ一頭とする。これらは贖いのための罪のためのいけにえと、常供の全焼のいけにえ、それにつく穀物のささげ物と、これらにつく注ぎのささげ物以外のものである。】

①旧約の時代、天の父なる神様は、いけにえを捧げることで「罪の赦し」を定められました。
特に年一度のこの贖罪の日は重要な日でした。
しかし動物の血では完全に罪を取り除くことはできなかったのです。(ヘブル10:4)

イエス様の流してくださった血によって、完全な赦しがなされたのです。(ヘブル10:18)
そして私たちは、罪赦された者として、
真心から神に近づくことが求められているのです。(ヘブル10:22)

『聖書を調べる大切さ』
【使17:10 兄弟たちは、すぐさま、夜のうちにパウロとシラスをベレヤへ送り出した。ふたりはそこに着くと、ユダヤ人の会堂に入って行った。17:11 ここのユダヤ人は、テサロニケにいる者たちよりも良い人たちで、非常に熱心にみことばを聞き、はたしてそのとおりかどうかと毎日聖書を調べた。17:12 そのため、彼らのうちの多くの者が信仰に入った。その中にはギリシヤの貴婦人や男子も少なくなかった。】

①パウロ一行は、迫害の中、ベレアに移り、宣教を開始しました。
ここの人々はみ言葉を熱心に聞くと共に、聖書で調べたのです。
そして多くの者が信仰を持つことができたのです。

み言葉を聞いたら、自分の聖書で確認しましょう。
そしてその意味を深く理解しましょう。
聖書の言葉は、神様の言葉です。
聖書を読むことを通じて、
神様のご性質や計画が、はっきりと分かるようになるのです。

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close