3月14日申命記1-2章 使徒18:24-19:7

『主の計画に応答し、悪を退ける』
【申1:23 私にとってこのことは良いと思われたので、私は各部族からひとりずつ、十二人をあなたがたの中から取った。1:24 彼らは山地に向かって登って行き、エシュコルの谷まで行き、そこを探り、1:25 また、その地のくだものを手に入れ、私たちのもとに持って下って来た。そして報告をもたらし、「私たちの神、【主】が、私たちに与えようとしておられる地は良い地です」と言った。1:26 しかし、あなたがたは登って行こうとせず、あなたがたの神、【主】の命令に逆らった。】

①カナンの地を偵察した斥候は、
ヨシュアとカレブ以外は、
神様の約束を知っていながら、できないと不信仰の告白をしました。
その結果、不信仰の人々は、約束の地に入ることができなかったのです。

モーセは言いました「あなた方は主の反逆した」と。

・・・神様の計画はあります。
しかしそれを受け入れるか、拒否するかは、私たち人間に委ねられているのです。
あなたは主の計画に応答したいですか。

もし願うならば、主に祈りましょう。
そして助けていただきましょう。
そして時に決断をするのです。
「決断」とは、「主に従う決断」であり、
それは同時に「悪を断ち切る決断」なのです。

『聖霊の満たしの恵み』
【使19:4 そこで、パウロは、「ヨハネは、自分のあとに来られるイエスを信じるように人々に告げて、悔い改めのバプテスマを授けたのです」と言った。19:5 これを聞いたその人々は、主イエスの御名によってバプテスマを受けた。19:6 パウロが彼らの上に手を置いたとき、聖霊が彼らに臨まれ、彼らは異言を語ったり、預言をしたりした。19:7 その人々は、みなで十二人ほどであった。】

①エペソでのイエス様の弟子は、
まだ聖霊のことを聞いておらず、体験しておりませんでした。
しかしパウロがそれらを説明する中で、
エペソの人々は、
弟子たちがペンテコステで体験したと同じ「聖霊の恵み」を受けたのです。

イエス様を信じた後、
力強い証のために与えられる
「聖霊のバプテスマ(満たし)」があるのです(使徒1:8)。

それを受けた者たちは、
それまで以上の力強いクリスチャン生活をおくることができるのです。

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close