3月20日申命記16-17章 使徒21:37-22:21

『過越しの祭りの意義』
【申16:1 アビブの月を守り、あなたの神、【主】に過越のいけにえをささげなさい。アビブの月に、あなたの神、【主】が、夜のうちに、エジプトからあなたを連れ出されたからである。16:2 【主】が御名を住まわせるために選ぶ場所で、羊と牛を過越のいけにえとしてあなたの神、【主】にささげなさい。
16:3 それといっしょに、パン種を入れたものを食べてはならない。七日間は、それといっしょに種を入れないパン、悩みのパンを食べなければならない。】

①過越しに捧げられる「子羊」は、初子の身代わりとしてのいけにえでした。
このいけにえは、キリストが私たちの身代わりになったことを示すものです。

過越しの子羊と一緒に食べる「パン」は、パン種が入っていないものでした。
聖書ではしばしば、パン種はこの世の罪と腐敗を示す例えとして用いられています。
ですから「種入れないパン」は、
罪の世の中から分離をして、
神のみに自分を捧げることを現していたのです。

・・・神様は、毎年祭りを行わせることを通じて、
民に、罪からの赦しの恵みと、
世との分離の大切さを、
定期的に確認させていたのです。

『証によって人々が変えられる』
【使22:6 ところが、旅を続けて、真昼ごろダマスコに近づいたとき、突然、天からまばゆい光が私の回りを照らしたのです。22:7 私は地に倒れ、『サウロ、サウロ。なぜわたしを迫害するのか』という声を聞きました。22:8 そこで私が答えて、『主よ。あなたはどなたですか』と言うと、その方は、『わたしは、あなたが迫害しているナザレのイエスだ』と言われました。22:9 私といっしょにいた者たちは、その光は見たのですが、私に語っている方の声は聞き分けられませんでした。22:10 私が、『主よ。私はどうしたらよいのでしょうか』と尋ねると、主は私に、『起きて、ダマスコに行きなさい。あなたがするように決められていることはみな、そこで告げられる』と言われました。】

①パウロのイエス様に出会った時の体験は、強烈な証でした。
なぜなら「クリスチャンを迫害していたパウロ」が
「イエスキリストを主として、救い主として受け入れた証」だったからです。

私たちの「生きた証」は自分自身とその証を聞いた人を、変えるのです。
私たちは、「自分の体験した証」を
上手に語れるように、祈るべきです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close