3月26日申命記31-32章 使徒26:2-18

『次世代に託された信仰』
【申31:7 ついでモーセはヨシュアを呼び寄せ、イスラエルのすべての人々の目の前で、彼に言った。「強くあれ。雄々しくあれ。【主】がこの民の先祖たちに与えると誓われた地に、彼らとともに入るのはあなたであり、それを彼らに受け継がせるのもあなたである。31:8 【主】ご自身があなたの先に進まれる。主があなたとともにおられる。主はあなたを見放さず、あなたを見捨てない。恐れてはならない。おののいてはならない。」】

①モーセが次世代のヨシュアに伝えたことは、
主に対する信頼と、強く雄々しく歩むこと(信仰)でした。
私たちも、モーセのように「主が共にいて下さる(信頼)」を
本気で信じることができるならば、
大きな問題でも乗り越えていくことができます。

しかしこの信頼は、一朝一夕に身につくものではありません。
「主を信じ本気で語り」
「主に助けていただく体験」を通じて、
身についていくものなのです。

ヨシュアは、主からの言葉とモーセの歩みを通じてそれを学びました。
私たちも、神様の言葉と、
先人のクリスチャンの信仰の歩み(証)を通じて、
学んでいくのです。

『証の備え』
【使26:13 その途中、正午ごろ、王よ、私は天からの光を見ました。それは太陽よりも明るく輝いて、私と同行者たちとの回りを照らしたのです。26:14 私たちはみな地に倒れましたが、そのとき声があって、ヘブル語で私にこう言うのが聞こえました。『サウロ、サウロ。なぜわたしを迫害するのか。とげのついた棒をけるのは、あなたにとって痛いことだ。』26:15 私が『主よ。あなたはどなたですか』と言いますと、主がこう言われました。『わたしは、あなたが迫害しているイエスである。・・・』】

①パウロは、ユダヤ教に詳しいアギリッパ王に対して、
自分がイエスと出会った事実を淡々と証ししました。
かつてクリスチャンを迫害していたパウロが、
劇的に変えられた証は、アグリッパ王に大きなインパクトを与えたのです。

私たちも、イエス様を信じる時に、様々な証が与えられています。
その事実を「興味を持つ人」に話す時に、
その証が用いられるのです。

あなたの証を備えましょう。
自分の体験にとどめることをせず、
人々のために、用いるように努めるのです。

主はあなたを「ある瞬間」に必ず用いられます。
そのための準備は、大切な備えなのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close