3月30日ヨシュア5-6章 使徒28:1-16

『エリコの陥落』
【ヨシュア6:2 【主】はヨシュアに仰せられた。「見よ。わたしはエリコとその王、および勇士たちを、あなたの手に渡した。6:3 あなたがた戦士はすべて、町のまわりを回れ。町の周囲を一度回り、六日、そのようにせよ。6:4 七人の祭司たちが、七つの雄羊の角笛を持って、箱の前を行き、七日目には、七度町を回り、祭司たちは角笛を吹き鳴らさなければならない。」】

①主はヨシュアに、「エリコを与える」といわれ、
町の周りを回るようにという不思議な方法を命じられました。
主は、勝利をさせるために、
人間的に不思議な方法を通させる時があります。
しかし「主の導き」ならば、信じて従いましょう。
従うならば、結果が起こるのです。
その結果が、「主の働きであること」の「しるし」でもあるのです。

『パウロ、ローマに到着』
【使28:14 ここで、私たちは兄弟たちに会い、勧められるままに彼らのところに七日間滞在した。こうして、私たちはローマに到着した。28:15 私たちのことを聞いた兄弟たちは、ローマからアピオ・ポロとトレス・タベルネまで出迎えに来てくれた。パウロは彼らに会って、神に感謝し、勇気づけられた。28:16 私たちがローマに入ると、パウロは番兵付きで自分だけの家に住むことが許された。】

①パウロは、様々な逆境を乗り越えて、ローマに到着することができました。
それも番兵に守られて、ある程度自由に宣教活動ができたのです。
ローマに行くことは、主からの計画でしたが、
その方法は、パウロの想像を遥かに越えたものだったのです。

主の計画ならば、実現します。
しかしその方法は、人の計画と異なることが多いのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close