4月9日士師記7-8章 マルコ5:21-43

『人の数ではなく、信仰を見ておられる神』
【士師記7:2 そのとき、【主】はギデオンに仰せられた。「あなたといっしょにいる民は多すぎるから、わたしはミデヤン人を彼らの手に渡さない。イスラエルが『自分の手で自分を救った』と言って、わたしに向かって誇るといけないから。7:3 今、民に聞こえるように告げ、『恐れ、おののく者はみな帰りなさい。ギルアデ山から離れなさい』と言え。」すると、民のうちから二万二千人が帰って行き、一万人が残った。7:4 すると、【主】はギデオンに仰せられた。「民はまだ多すぎる。彼らを連れて水のところに下って行け。わたしはそこで、あなたのために彼らをためそう。」】

①主はギデオンに、ミデアンと戦うための民は多すぎると言われました。
そして3万2千人から1万人・・・最後には300人で敵と戦うようにと言われたのです。

人数が安心材料ではないのです。
信仰を持った(知恵深い)者たちに、勝利が約束されたのです。

私たちも人数を見て、安心したり不安を感じたりしがちですが、
神様は別の視点で見ておられるのです。
信仰こそが、神様が見ておられる最大のポイントなのです。

『苦しみを通じて与えられる、強い信仰』
【マルコ 5:25 ところで、十二年の間長血をわずらっている女がいた。5:26 この女は多くの医者からひどいめに会わされて、自分の持ち物をみな使い果たしてしまったが、何のかいもなく、かえって悪くなる一方であった。5:27 彼女は、イエスのことを耳にして、群衆の中に紛れ込み、うしろから、イエスの着物にさわった。5:28 「お着物にさわることでもできれば、きっと直る」と考えていたからである。5:29 すると、すぐに、血の源がかれて、ひどい痛みが直ったことを、からだに感じた。
5:32 イエスは、それをした人を知ろうとして、見回しておられた。5:33 女は恐れおののき、自分の身に起こった事を知り、イエスの前に出てひれ伏し、イエスに真実を余すところなく打ち明けた。5:34 そこで、イエスは彼女にこう言われた。「娘よ。あなたの信仰があなたを直したのです。安心して帰りなさい。病気にかからず、すこやかでいなさい。」】

①この女性は、「イエス様に触れるならきっと治る」という
信念にも似た強い信仰を持っていました。
それはイエス様以外に救いがないと追い詰められていたからではあるのですが、
しかしイエス様は「彼女の信仰をほめて下さった」のです。

神様は、苦しみの環境を通じて、求める心(信仰)を引き出されます。
それによって得た、信仰の強さに応じて、
主は人を取り扱われるのです。

ですから弱い信仰よりも、
強い信仰のほうが、奇跡を受けられます。
あなたは苦しみの中で、どのような信仰を持っていますか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close