4月12日士師記12-13章 マルコ7:1-23

『身を聖めること』
【士師記 13:2 さて、ダン人の氏族で、その名をマノアというツォルアの出のひとりの人がいた。彼の妻は不妊の女で、子どもを産んだことがなかった。13:3 【主】の使いがその女に現れて、彼女に言った。「見よ。あなたは不妊の女で、子どもを産まなかったが、あなたはみごもり、男の子を産む。13:4 今、気をつけなさい。ぶどう酒や強い酒を飲んではならない。汚れた物をいっさい食べてはならない。
13:5 見よ。あなたはみごもっていて、男の子を産もうとしている。その子の頭にかみそりを当ててはならない。その子は胎内にいるときから神へのナジル人であるからだ。彼はイスラエルをペリシテ人の手から救い始める。」・・・
13:24 その後、この女は男の子を産み、その名をサムソンと呼んだ。その子は大きくなり、【主】は彼を祝福された。13:25 そして、【主】の霊は、ツォルアとエシュタオルとの間のマハネ・ダンで彼を揺り動かし始めた。】

①サムソンは、特別に選ばれた人物でした。
そしてその母への主の命令は、
酒や汚れた者を食べてはいけない、というものでした。
出産まで身を聖めることが、主の命令だったのです。

神様は、働きの準備のために、
身を聖めることを命じられることがあるのです。
聖めを通じて、神ご自身が豊かに働かれるのです。

『心の内側が人を汚す』
【マルコ7:20 また言われた。「人から出るもの、これが、人を汚すのです。7:21 内側から、すなわち、人の心から出て来るものは、悪い考え、不品行、盗み、殺人、7:22 姦淫、貪欲、よこしま、欺き、好色、ねたみ、そしり、高ぶり、愚かさであり、7:23 これらの悪はみな、内側から出て、人を汚すのです。」】

①イエス様は、食べ物が人を汚すのではなく、
人の心のあるものが人を汚すのだと語られました。
イエス様を信じ、聖霊が内に住まわれると、
私たちは「悪」に対して敏感になります。
そして私たちの心の中にある、「汚れた考え」があぶりだされるのです。

イエス様が、「私の心を見ておられること」に気がが付いた人は、
自分の心に気を付けるようになります。

自分の心がどのような状態かを受け止めましょう。
それはごまかしても、ごまかしきれないものなのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close