4月16日ルツ記1-4章 マルコ9:14-32

『悲しみの中の、栄光の道』
【ルツ記1:19 それから、ふたりは旅をして、ベツレヘムに着いた。彼女たちがベツレヘムに着くと、町中がふたりのことで騒ぎ出し、女たちは、「まあ。ナオミではありませんか」と言った。1:20 ナオミは彼女たちに言った。「私をナオミと呼ばないで、マラと呼んでください。全能者が私をひどい苦しみに会わせたのですから。1:21 私は満ち足りて出て行きましたが、【主】は私を素手で帰されました。なぜ私をナオミと呼ぶのですか。【主】は私を卑しくし、全能者が私をつらいめに会わせられましたのに。」1:22 こうして、ナオミは、嫁のモアブの女ルツといっしょに、モアブの野から帰って来て、大麦の刈り入れの始まったころ、ベツレヘムに着いた。】

①ナオミは、飢饉のため、家族でベツレヘムからモアブに避難をしました。
しかしそこで、夫が死に、息子二人の死んでしまったのです。

ですから、ナオミは故郷の人に、ナオミ(快い)ではなく、
マラ(苦しみ)と呼んでくださいと答えたのです。

しかしナオミには、義理の娘「ルツ」がいました。
このルツの子孫から、ダビデ王が誕生しました。

・・・人間的に見る時に、「悲劇」としか思えないことがあります。
しかし主が働かれると、
その道が、「栄光の道」となるのです。

『信仰を引き出されるイエス様』
【マルコ9:21 イエスはその子の父親に尋ねられた。「この子がこんなになってから、どのくらいになりますか。」父親は言った。「幼い時からです。9:22 この霊は、彼を滅ぼそうとして、何度も火の中や水の中に投げ込みました。ただ、もし、おできになるものなら、私たちをあわれんで、お助けください。」9:23 するとイエスは言われた。「できるものなら、と言うのか。信じる者には、どんなことでもできるのです。」9:24 するとすぐに、その子の父は叫んで言った。「信じます。不信仰な私をお助けください。」】

①この父親は、子供を救い出すために、イエス様のもとにやってきました。
しかし対応した弟子たちにはそれができなかったのです。
そのため、父親は失望し、
イエス様に対しても不信の言葉を出してしまったのです。

しかしイエス様はその不信仰を見過ごしませんでした。
素早く指摘をし、
父親の「信じます」という言葉を引き出したのです。

イエス様の奇跡をなされるのに、人間の信仰が必要なのです。
そしてイエス様は、
私たち人間の信仰を、
「引き出して」下さるのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close