4月19日Ⅰサムエル8-10章 マルコ10:32-52

『選びの恵みと応答の大切さ』
【Ⅰサムエル9:19 サムエルはサウルに答えて言った。「私がその予見者です。この先のあの高き所に上りなさい。きょう、あなたがたは私といっしょに食事をすることになっています。あしたの朝、私があなたをお送りしましょう。あなたの心にあることを全部、明かしましょう。・・・
10:1 サムエルは油のつぼを取ってサウルの頭にそそぎ、彼に口づけして言った。「【主】が、ご自身のものである民の君主として、あなたに油をそそがれたではありませんか。・・・
10:8 あなたは私より先にギルガルに下りなさい。私も全焼のいけにえと和解のいけにえとをささげるために、あなたのところへ下って行きます。あなたは私が着くまで七日間、そこで待たなければなりません。私がなすべきことを教えます。」】

①サウルは、預言者サムエルによって王として任命されました。
これは主の選びであり、一方的な恵みだったのです。
そしてギルガルで七日間待つようにと命じられたのです。
(しかしサウルは待てませんでした)

「主の選びの恵み」と「応答の大切さ」がここから分かります。
選ばれても、それだけでは長く祝福の中を歩むことはできないのです。

「選ばれた者」が、
「主の願いに応えて」、
初めて主の祝福の中を歩めるのです。

『バルテマイの信仰』
【マルコ10:50 すると、盲人は上着を脱ぎ捨て、すぐ立ち上がって、イエスのところに来た。10:51 そこでイエスは、さらにこう言われた。「わたしに何をしてほしいのか。」すると、盲人は言った。「先生。目が見えるようになることです。」10:52 するとイエスは、彼に言われた。「さあ、行きなさい。あなたの信仰があなたを救ったのです。」すると、すぐさま彼は見えるようになり、イエスの行かれる所について行った。】

①盲人バルテマイは、
「イエス様なら絶対に自分の目を癒してくださる」と信じていました。
ですから大声を上げ、
止められてもますます叫んだのです。

そしてイエス様から声をかけられると、
自分の願いを正直に告白したのです。
このような信仰を「主は喜んで下さいます」。

彼はまっすぐに、イエス様を求めていたのです。
本気で求める者は、少々の邪魔があっても、あきらめないのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close