4月25日Ⅰサムエル23-25章 マルコ14:27-52

『ダビデの生き方』
【Ⅰサムエル24:4 ダビデの部下はダビデに言った。「今こそ、【主】があなたに、『見よ。わたしはあなたの敵をあなたの手に渡す。彼をあなたのよいと思うようにせよ』と言われた、その時です。」そこでダビデは立ち上がり、サウルの上着のすそを、こっそり切り取った。24:5 こうして後、ダビデは、サウルの上着のすそを切り取ったことについて心を痛めた。24:6 彼は部下に言った。「私が、主に逆らって、【主】に油そそがれた方、私の主君に対して、そのようなことをして、手を下すなど、【主】の前に絶対にできないことだ。彼は【主】に油そそがれた方だから。」】

①ダビデは、自分がサウル王から殺されそうであっても、
サウル王に手をかけることはしませんでした。
そのことが「主が悲しまれること」だと知っていたからです。

ダビデは自分が損をしても、
自分の身が危うくなっても、
「主が喜ぶことを選び」、
「悲しむことを避けて」生きたのです。

『本当の自分の姿』
【マルコ14:30 イエスは彼に言われた。「まことに、あなたに告げます。あなたは、きょう、今夜、鶏が二度鳴く前に、わたしを知らないと三度言います。」14:31 ペテロは力を込めて言い張った。「たとい、ごいっしょに死ななければならないとしても、私は、あなたを知らないなどとは決して申しません。」みなの者もそう言った。】

①ペテロをはじめ、弟子たちはすべて、
自分たちは「イエス様を裏切らない」と信じていました。
しかし実際に殺される恐怖を感じた時、
皆バラバラに逃げてしまったのです。

人間は、限界を超えた時の「自分の本音」を知らずに生きていることがあります。
しかしそれを知った者は、
「自分が罪人」であり、
イエス様とつながらないと「どうしようもない存在」であると気が付くのです。

その時初めて、ぶどうの木に、枝がつながるように、
私たちはイエス様につながるようになります。
そのような人は、イエス様のご性質に、
身も心も「変えられていく」のです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close