5月13日Ⅰ列王10-11章 ルカ1:1-25

『生涯主に従う大切さ』
【Ⅰ列王11:9 【主】はソロモンに怒りを発せられた。それは彼の心がイスラエルの神、【主】から移り変わったからである。主は二度も彼に現れ、11:10 このことについて、ほかの神々に従って行ってはならないと命じておられたのに、彼は【主】の命令を守らなかったからである。11:11 それゆえ、【主】はソロモンに仰せられた。「あなたがこのようにふるまい、わたしが命じたわたしの契約とおきてとを守らなかったので、わたしは王国をあなたから必ず引き裂いて、あなたの家来に与える。」】

①ソロモン王はダビデ王の子供として、
神殿建設の使命が得られ、
その使命を果たすことができました。
ソロモンは、主を愛し、主の律法に従ったのです。

しかし後のソロモンは、主が禁じた異教の女性たちを愛し、
王妃700人、そばめ300人を持つようになりました。
その妻たちが、晩年のソロモンを神への信仰から離れさせたのです。

信仰は一生のものです。
生涯主に従い続けることが大切のです。
何度か主に従っても、
それは生涯の保証にはならないのです。

『マイナスがプラスになる』
【ルカ1:18 そこで、ザカリヤは御使いに言った。「私は何によってそれを知ることができましょうか。私ももう年寄りですし、妻も年をとっております。」1:19 御使いは答えて言った。「私は神の御前に立つガブリエルです。あなたに話をし、この喜びのおとずれを伝えるように遣わされているのです。1:20 ですから、見なさい。これらのことが起こる日までは、あなたは、ものが言えず、話せなくなります。私のことばを信じなかったからです。私のことばは、その時が来れば実現します。」】

①ザカリヤは、天使ガブリエルの言葉を信じることができず、
しばらく口がきけなくなりました。
しかし主はそのことも、後の証のために用いられたのです。

主を信じていても、不信仰や上手くいかないことが起こります。
しかし、それでも主に祈り続ける者には、
主は、それらのマイナスをプラスにするほどの、
恵みを与えて下さるのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close