5月19日Ⅱ列王1-3章 ルカ4:1-13

『イエス様が喜ばれる言動』
【Ⅱ列王2:23 エリシャはそこからベテルへ上って行った。彼が道を上って行くと、この町から小さい子どもたちが出て来て、彼をからかって、「上って来い、はげ頭。上って来い、はげ頭」と言ったので、2:24 彼は振り向いて、彼らをにらみ、【主】の名によって彼らをのろった。すると、森の中から二頭の雌熊が出て来て、彼らのうち、四十二人の子どもをかき裂いた。】

①主は、神様の働きをしているエリシャを守りました。
それは主の名誉を守るためでもあったのです。

神様の働きを、あざけることは、良くないことであり、
神様を悲しませることにもなるのです。

私たちは、いつでも「イエス様が喜ばれることは何か」
と考えながら、
行動する必要があります。

「互いに愛しあう」という
「イエス様の命令」を大切にするならば、
言葉や行動に自然に表れるはずなのです。

『み言葉による、誘惑からの勝利(イエス様の模範)』
【ルカ4:1 さて、聖霊に満ちたイエスは、ヨルダンから帰られた。そして御霊に導かれて荒野におり、4:2 四十日間、悪魔の試みに会われた。その間何も食べず、その時が終わると、空腹を覚えられた。4:3 そこで、悪魔はイエスに言った。「あなたが神の子なら、この石に、パンになれと言いつけなさい。」4:4 イエスは答えられた。「『人はパンだけで生きるのではない』と書いてある。」・・・】

①イエス様は公生涯を始める前に、悪魔の誘惑を受け、み言葉で勝利をされました。
ここに「御霊に導かれた」と書かれていることに注目すべきなのです。

誘惑も「主の許可」の中で行われています。
誘惑からの勝利の後には、神の働きが「大きく前進」するのです。

私たちの周りには、悪い力が働いています。
しかしみ言葉によって、私たちは「誘惑を退け」、
「勝利をしていく」のです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close