5月23日Ⅱ列王10-12章 ルカ6:1-16

『反面教師(ヨアシュ王)』
【Ⅱ列王12:1 ヨアシュはエフーの第七年に王となり、エルサレムで四十年間、王であった。彼の母の名はツィブヤといい、ベエル・シェバの出であった。12:2 ヨアシュは、祭司エホヤダが彼を教えた間はいつも、【主】の目にかなうことを行った。】

①ヨアシュは、殺されそうなところを助けられ、
祭司エホヤダに信仰教育を受け、王となりました。
エホヤダの影響で、彼は神殿を修理し、
良い働きをたくさんしました。

しかしエホヤダの死後は、
信仰が崩れていったのです。

信仰は、誰かの影響を受けてとしても、
最後は自分自身と神様との関係となります。

神様の愛され、助けられていると実感した人は、
神様から離れることはないのです。

あなたの受けている恵みを、確認しましょう。
あなたが受けている恵みに気が付くならば、
あなたは、心から主を愛するようになるのです。

そして生涯、主に従う者となるはずなのです。

『大事なことを決める前の祈り』
【ルカ6:12 このころ、イエスは祈るために山に行き、神に祈りながら夜を明かされた。6:13 夜明けになって、弟子たちを呼び寄せ、その中から十二人を選び、彼らに使徒という名をつけられた。6:14 すなわち、ペテロという名をいただいたシモンとその兄弟アンデレ、ヤコブとヨハネ、ピリポとバルトロマイ、6:15 マタイとトマス、アルパヨの子ヤコブと熱心党員と呼ばれるシモン、6:16 ヤコブの子ユダとイエスを裏切ったイスカリオテ・ユダである。】

①イエス様は、12弟子を選ぶ時、夜を徹して祈られました。
イエス様も大事なことを決定する時には、
天の父と深く祈りの交わりをされたのです。

私たちも、大事なことを決める時には、祈りが必要です。
主に導きを受けなければ、
問題や危機を乗り越えることはできないからです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close