5月27日Ⅱ列王20-22章 ルカ8:1-21

『へりくだる者への恵み』
【Ⅱ列王22:18 【主】のみこころを求めるために、あなたがたを遣わしたユダの王には、こう言わなければなりません。『あなたが聞いたことばについて、イスラエルの神、【主】は、こう仰せられます。22:19 あなたが、この場所とその住民について、これは恐怖となり、のろいとなると、わたしが言ったのを聞いたとき、あなたは心を痛め、【主】の前にへりくだり、自分の衣を裂き、わたしの前で泣いたので、わたしもまた、あなたの願いを聞き入れる。』】

①ヨシヤ王は、神殿で発見された律法の書を読んだ時、
人々が律法通りに生きていないことを悟り、
心から悔い改めました。

そして主の御心を求めるため、預言者のもとに使者を遣わしたのです。

すると神は、預言者を通じて「裁きを遅らせる」と約束されたのです。
この時、今までの不信仰の刈り取りのために、裁きは不可避でした。
しかし憐み深い神は、ヨシヤの言葉を聞き入れて下さったのです。

変えられないことは確かにあります。
しかしそんな中でも「へりくだる者」には
主は何らかの助けを与えて下さるのです。

『良い地に蒔かれた種』
【ルカ8:17 隠れているもので、あらわにならぬものはなく、秘密にされているもので、知られず、また現れないものはありません。8:18 だから、聞き方に注意しなさい。というのは、持っている人は、さらに与えられ、持たない人は、持っていると思っているものまでも取り上げられるからです。」】

①聞き方は非常に大切です。
聞き方が悪ければ、恵みを受け取ることができないのです。

主にへりくだり、主から聞き方を教えていただきましょう。
良い地に蒔かれた種とは、良い心で御言葉を聞くことです(8:15)。
そうすれば、たくさんの収穫と祝福を受けることができるのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close