5月30日1歴代3-4章 ルカ9:1-17

『ヤベツの祈り』
【Ⅰ歴代4:9 ヤベツは彼の兄弟たちよりも重んじられた。彼の母は、「私が悲しみのうちにこの子を産んだから」と言って、彼にヤベツという名をつけた。4:10 ヤベツはイスラエルの神に呼ばわって言った。「私を大いに祝福し、私の地境を広げてくださいますように。御手が私とともにあり、わざわいから遠ざけて私が苦しむことのないようにしてくださいますように。」そこで神は彼の願ったことをかなえられた。】

①ユダ族の子孫にヤベツがいます。
彼の記述は短いですが、
ここに信仰者の祈りの模範が書かれています。

人生の前半に暗いことがあったとしても、
神に頼り、神に大胆に祈る中で、
ヤベツは祝福を頂いたのです。

大胆に「祝福を求め」ましょう。
「苦しみを退けて」頂きましょう。

神を信じ忠誠を誓う、大胆な信仰が、
人生に祝福を呼び込むのです。

『5000人の給食』
【ルカ9:12 そのうち、日も暮れ始めたので、十二人はみもとに来て、「この群衆を解散させてください。そして回りの村や部落にやって、宿をとらせ、何か食べることができるようにさせてください。私たちは、こんな人里離れた所にいるのですから」と言った。9:13 しかしイエスは、彼らに言われた。「あなたがたで、何か食べる物を上げなさい。」彼らは言った。「私たちには五つのパンと二匹の魚のほか何もありません。私たちが出かけて行って、この民全体のために食物を買うのでしょうか。」9:14 それは、男だけでおよそ五千人もいたからである。
9:16 するとイエスは、五つのパンと二匹の魚を取り、天を見上げて、それらを祝福して裂き、群衆に配るように弟子たちに与えられた。9:17 人々はみな、食べて満腹した。そして、余ったパン切れを取り集めると、十二かごあった。】

①イエス様は、弟子たちに奇跡を体験させ、
奇跡の場所に加わるように導かれました。
弟子たちには不可能と思えることを、
彼らが持っていた「わずかな食べ物」を用いることによって、
5000人以上の人々を満たしたのです。

自分の力は「小さく」思えても、
「それを捧げる時」に、
神様は「大きな奇跡」を見せて下さるのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close