6月1日1歴代7-8章 ルカ9:37-62

『召されていても、応答するかどうかは個人の責任』
【Ⅰ歴代8:1 ベニヤミンは、その長子ベラ、次男アシュベル、三男アフラフ、8:2 四男ノハ、五男ラファを生んだ。・・・
8:33 ネルはキシュを生み、キシュはサウルを生み、サウルはヨナタン、マルキ・シュア、アビナダブ、エシュバアルを生んだ。8:34 ヨナタンの子はメリブ・バアル。メリブ・バアルはミカを生んだ。】

①イスラエルの子供ベニヤミンの子孫に、サウル王が誕生しました。
サウル王もまた、神様に特別に選ばれた人物だったのです。

しかし残念なことは、彼は使命を与えられていながらも、
主に不忠実で、王位を奪われてしまいました。

私たちも神様からの特別の選びが与えられています。
しかしその召しに忠実か不忠実かは、
その人物の責任なのです。

『考え方感じ方の成長』
【ルカ9:53 しかし、イエスは御顔をエルサレムに向けて進んでおられたので、サマリヤ人はイエスを受け入れなかった。9:54 弟子のヤコブとヨハネが、これを見て言った。「主よ。私たちが天から火を呼び下して、彼らを焼き滅ぼしましょうか。」9:55 しかし、イエスは振り向いて、彼らを戒められた。】

①イエス様に対してどれだけ忠実で熱心であっても、
感情的になり、暴力的になることをイエス様は、止められたのです。

神様の働きをしている人でも、心の中は未成熟である場合があるのです。
私たちは、イエス様の助けを頂いて、
考え方・感じ方も成長していくのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close