6月15日Ⅱ歴代23-25章 ルカ16章

『誰の助言を聞くのか』
【Ⅱ歴代24:1 ヨアシュは七歳で王となり、エルサレムで四十年間、王であった。彼の母の名はツィブヤといい、ベエル・シェバの出であった。24:2 ヨアシュは、祭司エホヤダの生きている間は、【主】の目にかなうことを行った。24:3 エホヤダは、彼のためにふたりの妻をめとらせた。彼は息子たちと娘たちを生んだ。】

①ヨアシュは、殺されそうなところを、
祭司エホヤダとその仲間たちに助けられました。
そして祭司エホヤダの支援を受け、7歳で王となったのです。

しかしエホヤダが死に、
ヨアシュを利用しようとする一派の影響を受けると、
主に反逆するようになりました。

誰の影響を受けるかは大切です。
自分の近づく者が、
すべて正しい助言をしてくれるとは限らないからです。

「彼らは王を伏し拝んだ24:17」と書かれています。
自分に甘い言葉を語る者を警戒しましょう。
愛をもって「耳に痛い言葉」を語ってくれる人は、
貴重なのです。

『神様とお金』
【ルカ16:13 しもべは、ふたりの主人に仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛したり、または一方を重んじて他方を軽んじたりするからです。あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません。」16:14 さて、金の好きなパリサイ人たちが、一部始終を聞いて、イエスをあざ笑っていた。16:15 イエスは彼らに言われた。「あなたがたは、人の前で自分を正しいとする者です。しかし神は、あなたがたの心をご存じです。人間の間であがめられるものは、神の前で憎まれ、きらわれます。」】

①イエス様は、「富」を持つほどに、
「神を自分の人生の中心」に置くことが難しくなると語られました。

それを聞いたパリサイ人たちは「嘲笑い」ました。
彼らは、富んでいるということが「祝福のしるし」であり、
富んでいないイエスは「祝福されていない」を考えたからです。

イエス様と、お金に執着する価値観は、対立します。
「豊か」だから、「神の前に正しい」のではないのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close