6月25日ネヘミヤ1-3章 ルカ22:39-65

『主に用いられたネヘミヤ』
【ネヘミヤ1:7 私たちは、あなたに対して非常に悪いことをして、あなたのしもべモーセにお命じになった命令も、おきても、定めも守りませんでした。1:8 しかしどうか、あなたのしもべモーセにお命じになったことばを、思い起こしてください。『あなたがたが不信の罪を犯すなら、わたしはあなたがたを諸国民の間に散らす。1:9 あなたがたがわたしに立ち返り、わたしの命令を守り行うなら、たとい、あなたがたのうちの散らされた者が天の果てにいても、わたしはそこから彼らを集め、わたしの名を住ませるためにわたしが選んだ場所に、彼らを連れて来る』と。・・・
1:11そのとき、私は王の献酌官であった。】

①ネヘミヤは、王のもとで献酌官という要職についていた時、
エルサレムの悲惨な現状を聞き、
主の前に悔い改め、訴えて祈りました。

主は彼の祈りを聞かれ、
彼を用いて、
エルサレムで城壁の修復を実行させたのです。

主は、現状を知り、自分の罪を悔い改め、主に心から願う者を
用いられるのです。
私たちは、どのような使命が与えられているかは分かりません、
しかしその使命の大小に関わらず、
ネヘミヤの様に祈り、主に訴える者を、
主は用いられるのです。

『ペテロの成長』
【ルカ22:54 彼らはイエスを捕らえ、引いて行って、大祭司の家に連れて来た。ペテロは、遠く離れてついて行った。22:55 彼らは中庭の真ん中に火をたいて、みなすわり込んだので、ペテロも中に混じって腰をおろした。22:56 すると、女中が、火あかりの中にペテロのすわっているのを見つけ、まじまじと見て言った。「この人も、イエスといっしょにいました。」22:57 ところが、ペテロはそれを打ち消して、「いいえ、私はあの人を知りません」と言った。22:58 しばらくして、ほかの男が彼を見て、「あなたも、彼らの仲間だ」と言った。しかしペテロは、「いや、違います」と言った。・・・】

①一番弟子のペテロは、イエス様を心から愛していました。
そしてイエス様に命を懸けてついて行くつもりだったのです。

しかし現実のペテロは違っていました。
女中の言葉におびえ、
はっきりとイエス様を知らない、と言ったのです。
これは自分を守るためでした。

人間は、エゴイストです。
しかし、自分がエゴイストで、
みじめな人間だと気が付いたペテロは、
後に変えられ、主に命を懸けて従ったのです。

人間は変えられます。
しかしそれは本当の自分に気が付いた後なのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close