6月26日ネヘミヤ4-6章 ルカ22:66-23:25

『攻撃と信仰の勝利』
【ネヘミヤ6:9 事実、これらのことはみな、「あの者たちが気力を失って工事をやめ、中止するだろう」と考えて、私たちをおどすためであった。ああ、今、私を力づけてください。
6:13 彼が買収されたのは、私が恐れ、言われるとおりにして、私が罪を犯すようにするためであり、彼らの悪口の種とし、私をそしるためであった。6:14 わが神よ。トビヤやサヌバラテのあのしわざと、また、私を恐れさせようとした女預言者ノアデヤや、その他の預言者たちのしわざを忘れないでください。6:15 こうして、城壁は五十二日かかって、エルルの月の二十五日に完成した。】

①悪の勢力は、城壁が完成しそうになった時、
ネヘミヤを脅迫し、恐れさせ、
計画を断念させようとしました。
これは悪魔(悪い力)の常套句なのです。

一部の信仰深い者たち(ここではネヘミヤ)が、
信仰に立ち、死をも恐れない覚悟で戦った時に、
すべての攻撃は壊され、無事に城壁が完成しました。

あなたが神様の計画を実行しようとするとき、
猛烈な妨害が起きることがあります。
しかし主を信じて進む者には、攻撃は問題にはなりません。
必ず乗り越えられるのです。

『十字架につける罪』
【ルカ23:20 ピラトは、イエスを釈放しようと思って、彼らに、もう一度呼びかけた。23:21 しかし、彼らは叫び続けて、「十字架だ。十字架につけろ」と言った。23:22 しかしピラトは三度目に彼らにこう言った。「あの人がどんな悪いことをしたというのか。あの人には、死に当たる罪は、何も見つかりません。だから私は、懲らしめたうえで、釈放します。」23:23 ところが、彼らはあくまで主張し続け、十字架につけるよう大声で要求した。そしてついにその声が勝った。23:24 ピラトは、彼らの要求どおりにすることを宣告した。】

①ピラトは、イエス様を釈放しようと考えていました。
しかし民衆が「十字架につけろ」と強要した時に、
その声に負けて、十字架刑を言い渡したのです。

私たちの心に、「人を批判し」、「赦せない心」があります。
その心が「イエス様を十字架につけた」のです。
あなたの中にある、恐ろしい心が、イエス様を殺したのです。

私たちは「自分の罪」を認めなければなりません。
その上で、「神様の願い」を知る時に、
あなたの「すべきこと」が見えてくるのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close