7月2日エステル8-10章 1テサロニケ2:17-3:13

『信仰者の大逆転』
【エステル10:2 彼の権威と勇気によるすべての功績と、王に重んじられたモルデカイの偉大さについての詳細とは、メディヤとペルシヤの王の年代記の書にしるされているではないか。10:3 それはユダヤ人モルデカイが、アハシュエロス王の次に位し、ユダヤ人の中でも大いなる者であり、彼の多くの同胞たちに敬愛され、自分の民の幸福を求め、自分の全民族に平和を語ったからである。】

①ハマンによって、ユダヤ人への陰謀がなされましたが、
神様の救いの計画と、エステルらの信仰と応答によって、
ユダヤ人は守られました。
そして逆に、モルデガイが徴用され、
神様を信じるユダヤ人の勢力が、
ペルシャで大きなものとなったのです。

神様は、乗り越えられない試練は与えられません。
私たちが、信仰によって立ち続ける時に、
主は試練と同時に与えられる、
脱出の道を歩ませてくださるのです。

『パウロの祈り』
【Ⅰテサロニケ3:11 どうか、私たちの父なる神であり、また私たちの主イエスである方ご自身が、私たちの道を開いて、あなたがたのところに行かせてくださいますように。3:12 また、私たちがあなたがたを愛しているように、あなたがたの互いの間の愛を、またすべての人に対する愛を増させ、満ちあふれさせてくださいますように。3:13 また、あなたがたの心を強め、私たちの主イエスがご自分のすべての聖徒とともに再び来られるとき、私たちの父なる神の御前で、聖く、責められるところのない者としてくださいますように。】

①パウロは、教会のために祈りました。
それはパウロの願いであると同時に、
神様の助けがなければ、
成し遂げることはできないものだからです。

「道を開いて頂くこと」も「互いに愛しあうこと」も
「聖いものとなること」も、
人間の力では不可能です。

祈りによって「神様が働いて下さる時」に初めて可能となるのです。
祈りましょう。
そして私たち自身を変えていただきましょう。
神様は「祈りに応えて下さるお方」だからです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close