7月11日ヨブ25-28章 1コリント4章

『自分の義と神様の義』
【ヨブ28:23 しかし、神はその道をわきまえておられ、神はその所を知っておられる。28:24 神は地の隅々まで見渡し、天の下をことごとく見られるからだ。28:25 神は風を重くし、水をはかりで量られる。28:26 神は、雨のためにその降り方を決め、いなびかりのために道を決められた。28:27 そのとき、神は知恵を見て、これを見積もり、これを定めて、調べ上げられた。28:28 こうして、神は人に仰せられた。「見よ。主を恐れること、これが知恵である。悪から離れることは悟りである。」】

①ヨブは、自分の正しさを主の前に主張していますが(27:1-)、
同時に、ここでは主はすべてを知っておられると語っているのです。

私たちも同じです。
自分は正しいと思いますが、
同時に、神は正しく自分は間違っているかもしれない、
とも思うのです。

これが正直な人間の姿です。

この揺れの中で、私たちは少しづつ、
正しい方向に導かれていくのです。
(ただし天国に行くまで、完全な正しさを歩むことはできないことも知れなければならないのです)

『間違った裁きの基準』
【Ⅰコリント4:3 しかし、私にとっては、あなたがたによる判定、あるいは、およそ人間による判決を受けることは、非常に小さなことです。事実、私は自分で自分をさばくことさえしません。4:4 私にはやましいことは少しもありませんが、だからといって、それで無罪とされるのではありません。私をさばく方は主です。4:5 ですから、あなたがたは、主が来られるまでは、何についても、先走ったさばきをしてはいけません。主は、やみの中に隠れた事も明るみに出し、心の中のはかりごとも明らかにされます。そのとき、神から各人に対する称賛が届くのです。】

①パウロは、自分に自信をもってはいましたが、
しかし自分が正しいと断言できないと知っていたのです。
正しさを宣言できる方は、
主だけであると知っていたのです。

あなたは自分が正しいと思っていますか。
それは素晴らしいことですが、
しかパウロの言葉を借りれば、
無罪ではない(すなわち有罪であり、間違っている)部分もあるのです。

主が裁かれることの意味を知りましょう。
私の持つ「さばきの基準」は、基本的に間違っているのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close