7月18日詩編11-16篇 1コリント10:14-11:1

『主を前において生きる』
【詩16:8 私はいつも、私の前に【主】を置いた。【主】が私の右におられるので、私はゆるぐことがない。16:9 それゆえ、私の心は喜び、私のたましいは楽しんでいる。私の身もまた安らかに住まおう。16:10 まことに、あなたは、私のたましいをよみに捨ておかず、あなたの聖徒に墓の穴をお見せにはなりません。16:11 あなたは私に、いのちの道を知らせてくださいます。あなたの御前には喜びが満ち、あなたの右には、楽しみがとこしえにあります。】

①主を自分の前に置くことは、素晴らしいことですが、
同時にそれは、自分の汚れや罪を直視することにもなるのです。

「主と共に」歩めば、「揺るぐこと」はありません。
しかし自分の心が、主と違う考え、
すなわち「汚れた道」を歩むならば、
「悔い改める」必要があるのです。

主は聖徒に「墓の穴(死)」の苦しみを経験させません。
もしある期間、苦しみを経験するならば、
それは「悔い改め」の時、「聖め」の時なのです。

主と共に歩みましょう。
そしてあなたの本当の姿を知って、祈りましょう。
主はあなたを愛しておられれ、
「いのちの道」を歩ませたいと願っておられるのです。

『偶像礼拝を避ける』
【Ⅰコリント10:14 ですから、私の愛する者たちよ。偶像礼拝を避けなさい。10:15 私は賢い人たちに話すように話します。ですから私の言うことを判断してください。10:16 私たちが祝福する祝福の杯は、キリストの血にあずかることではありませんか。私たちの裂くパンは、キリストのからだにあずかることではありませんか。】

①神様と共に歩む道は、聖く祝福に富んだ道です。
しかし心から主と共に歩む時、(私たちは罪人ですから)、
イエス様の考えとは違う「わがままな考え」に気がつくのです。

主は私たちを愛しておられますが、
違うものは違うと教えて下さるのです。

偶像礼拝は、何かの像を拝むことだけではないのです。
神様が嫌われる価値観を神様のように受け入れることも,
偶像礼拝なのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close