7月21日詩編21-22章 1コリント13章

『逃げる私たちと、逃げないイエス様』
【詩22:11 どうか、遠く離れないでください。苦しみが近づいており、助ける者がいないのです。
22:13 彼らは私に向かって、その口を開きました。引き裂き、ほえたける獅子のように。22:14 私は、水のように注ぎ出され、私の骨々はみな、はずれました。私の心は、ろうのようになり、私の内で溶けました。
22:16 犬どもが私を取り囲み、悪者どもの群れが、私を取り巻き、私の手足を引き裂きました。
22:18 彼らは私の着物を互いに分け合い、私の一つの着物を、くじ引きにします。22:19 【主】よ。あなたは、遠く離れないでください。私の力よ、急いで私を助けてください。22:20 私のたましいを、剣から救い出してください。私のいのちを、犬の手から。22:21 私を救ってください。獅子の口から、野牛の角から。あなたは私に答えてくださいます。22:22 私は、御名を私の兄弟たちに語り告げ、会衆の中で、あなたを賛美しましょう。】

①詩編22篇は、イエス様の十字架の場面を預言した箇所です。
イエス様の叫びと苦しみがここに記されています。
弟子たちが逃げ出しても、
イエス様は十字架に踏みとどまって下さいました。

私たちは弱いです。
そして簡単に逃げてしまいます。
しかしイエス様が逃げずに十字架にとどまって下さるので、
私たちは「戻る場所」を見つけることが出来るのです。

『愛が必要』
【Ⅰコリント13:1 たとい、私が人の異言や、御使いの異言で話しても、愛がないなら、やかましいどらや、うるさいシンバルと同じです。13:2 また、たとい私が預言の賜物を持っており、またあらゆる奥義とあらゆる知識とに通じ、また、山を動かすほどの完全な信仰を持っていても、愛がないなら、何の値うちもありません。
13:4 愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。13:5 礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、13:6 不正を喜ばずに真理を喜びます。13:7 すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。13:8 愛は決して絶えることがありません。】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close