8月5日詩編70-73篇 2コリント12章

『心の全てを語らない』
【詩 73:13 確かに私は、むなしく心をきよめ、手を洗って、きよくしたのだ。73:14 私は一日中打たれどおしで、朝ごとに責められた。73:15 もしも私が、「このままを述べよう」と言ったなら、確かに私は、あなたの子らの世代の者を裏切ったことだろう。73:16 私は、これを知ろうと思い巡らしたが、それは、私の目には、苦役であった。73:17 私は、神の聖所に入り、ついに、彼らの最後を悟った。】

①心のすべてを語ることで、問題が起きることがあります。
神の前にはすべて語ることは大切ですが、
人に前では、思慮深く語る必要があるのです。

悪は、悪です。
神様はそのことをご存じで、正しく裁かれるのです。
ですから焦らずに、
祈りつつ、
ふさわしい時にふさわしいことをし続けていくのです。

『肉体のとげ』
【Ⅱコリント12:7 また、その啓示があまりにもすばらしいからです。そのために私は、高ぶることのないようにと、肉体に一つのとげを与えられました。それは私が高ぶることのないように、私を打つための、サタンの使いです。12:8 このことについては、これを私から去らせてくださるようにと、三度も主に願いました。12:9 しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである」と言われたのです。】

①パウロは多くの恵みを与えられましたが、とげも与えられました。
それは彼が、高慢にならず、神の愛と力に頼り続けるためでした。

もしあなたに、苦しみが去らないならば、
もしかすると「もっと神様に頼るように」という
メッセージなのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close