8月6日詩篇74-77篇 2コリント13章

『神に助けを求める叫び』
【詩77:1 私は神に向かい声をあげて、叫ぶ。私が神に向かって声をあげると、神は聞かれる。77:2 苦難の日に、私は主を尋ね求め、夜には、たゆむことなく手を差し伸ばしたが、私のたましいは慰めを拒んだ。77:3 私は神を思い起こして嘆き、思いを潜めて、私の霊は衰え果てる。 セラ
77:7 「主は、いつまでも拒まれるのだろうか。もう決して愛してくださらないのだろうか。77:8 主の恵みは、永久に絶たれたのだろうか。約束は、代々に至るまで、果たされないのだろうか。77:9 神は、いつくしみを忘れたのだろうか。もしや、怒ってあわれみを閉じてしまわれたのだろうか。」】

①この詩篇は、大きな問題の中にあって、
神が答えて下さらないように感じている人のことを描いています。
もし私たちも同じように感じるならば、
この作者のように、かつての神の愛を思い出しながら、
昼も夜も神に叫び続けることが必要です。
その上で助けを体験にした者が、
真に神様と出会うことが出来るのです。

『パウロの願い』
【Ⅱコリ13:7 私たちは、あなたがたがどんな悪をも行わないように神に祈っています。それによって、私たち自身の適格であることが明らかになるというのではなく、たとい私たちは不適格のように見えても、あなたがたに正しい行いをしてもらいたいためです。13:8 私たちは、真理に逆らっては何をすることもできず、真理のためなら、何でもできるのです。13:9 私たちは、自分は弱くてもあなたがたが強ければ、喜ぶのです。私たちはあなたがたが完全な者になることを祈っています。】

①パウロは、コリントの人々が成長し、
正しい行いをすることを願っていました。
「真理の為なら何でもできる」がパウロの考え方でした。
私たちも正しいことを実践しましょう。
そのために祈り、平安を頂き、聖霊の導きを求めるのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close