8月24日詩篇128-134篇 ローマ12:17-13:14

『主を呼び求める心』
【詩130:2 主よ。私の声を聞いてください。私の願いの声に耳を傾けてください。130:3 主よ。あなたがもし、不義に目を留められるなら、主よ、だれが御前に立ちえましょう。130:4 しかし、あなたが赦してくださるからこそあなたは人に恐れられます。130:5 私は【主】を待ち望みます。私のたましいは、待ち望みます。私は主のみことばを待ちます。130:6 私のたましいは、夜回りが夜明けを待つのにまさり、まことに、夜回りが夜明けを待つのにまさって、主を待ちます。130:7 イスラエルよ。【主】を待て。【主】には恵みがあり、豊かな贖いがある。】

『善をもって悪に打ち勝つ』
【ロマ12:17 だれに対してでも、悪に悪を報いることをせず、すべての人が良いと思うことを図りなさい。12:18 あなたがたは、自分に関する限り、すべての人と平和を保ちなさい。12:19 愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい。それは、こう書いてあるからです。「復讐はわたしのすることである。わたしが報いをする、と主は言われる。」12:20 もしあなたの敵が飢えたなら、彼に食べさせなさい。渇いたなら、飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃える炭火を積むことになるのです。12:21 悪に負けてはいけません。かえって、善をもって悪に打ち勝ちなさい。】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close