10月17日イザヤ46-47章 1テモテ3章

『生まれる前から知り、年をとっても支えて下さる主』
【イザヤ46:3 わたしに聞け、ヤコブの家と、イスラエルの家のすべての残りの者よ。胎内にいる時からになわれており、生まれる前から運ばれた者よ。46:4 あなたがたが年をとっても、わたしは同じようにする。あなたがたがしらがになっても、わたしは背負う。わたしはそうしてきたのだ。なお、わたしは運ぼう。わたしは背負って、救い出そう。】

『真理と敬虔』
【Ⅰテモテ3:15神の家とは生ける神の教会のことであり、その教会は、真理の柱また土台です。3:16 確かに偉大なのはこの敬虔の奥義です。「キリストは肉において現れ、霊において義と宣言され、御使いたちに見られ、諸国民の間に宣べ伝えられ、世界中で信じられ、栄光のうちに上げられた。」】①教会の柱・土台は、真理です。イエス様は「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。(ヨハネ14:6)」と言われました。真理(キリストご自身)を土台にしていることが大切なのです。また私たちが、ごまかさずに生きる(真実な)姿勢も大切です。その結果、神を敬う「敬虔さ」へとつながるのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close