11月26日エゼキエル1-2章 ヨハネ18:28-19:16

『エゼキエルの使命』
【エゼキエル2:3 その方は私に仰せられた。「人の子よ。わたしはあなたをイスラエルの民、すなわち、わたしにそむいた反逆の国民に遣わす。彼らも、その先祖たちも、わたしにそむいた。今日もそうである。2:4 彼らはあつかましくて、かたくなである。わたしはあなたを彼らに遣わす。あなたは彼らに『神である主はこう仰せられる』と言え。2:5 彼らは反逆の家だから、彼らが聞いても、聞かなくても、彼らは、彼らのうちに預言者がいることを知らなければならない。」】①神様がエゼキエルに与えた使命は
「反逆の民に語り続けよ」でした。私たちは「神が正義であり、罪の中でも働いておられる」ことを証するために、語り続けなければならない時があるのです。もし、語るように使命が与えられたのなら、応答しましょう。人の評価よりも、神様の評価の方が、永遠の評価なのです。

『バラバの解放を要求した大きな罪』
【ヨハネ18:38 ピラトはイエスに言った。「真理とは何ですか。」彼はこう言ってから、またユダヤ人たちのところに出て行って、彼らに言った。「私は、あの人には罪を認めません。18:39 しかし、過越の祭りに、私があなたがたのためにひとりの者を釈放するのがならわしになっています。それで、あなたがたのために、ユダヤ人の王を釈放することにしましょうか。」18:40 すると彼らはみな、また大声をあげて、「この人ではない。バラバだ」と言った。このバラバは強盗であった。】①総督ピラトが、イエス様に罪がないと判断したにもかかわらず、指導者たちはイエス様の代わりに、強盗バラバを解放するように要求しました。ここに指導者たちの罪が明らかにされています。目的の為ならば、正しいお方イエス様が死んでも良いと判断したのです。私たちにも、残念ながらそのような心があるのです。ですから私たちは、自分の中ある罪に気がつく度に、悔い改め、イエスさの犠牲を感謝するのです。そして罪赦されたイエス様の良い弟子として「正しい判断」を実行するのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close