1月12日創世記29-30章 マタイ9:18-38

『蒔いた種の刈り取りと、すべてを益とされる神様の力』
【創29:25 朝になって、見ると、それはレアであった。それで彼はラバンに言った。「何ということを私になさったのですか。私があなたに仕えたのは、ラケルのためではなかったのですか。なぜ、私をだましたのですか。」】①ヤコブの叔父のラバンは、妹ラケルと結婚する約束で7年間仕えたヤコブに対して、だまして姉のレアを与えました。ヤコブは怒りましたが、さらに7年間ラケルのために働くこととなったのです。②兄をだましたヤコブは、まいた種の刈り取りをしました。ヤコブは、だました報いを受けたのです。・・・しかしこのことを通じて、ラケルとレア、それぞれの奴隷によって、12部族となる者たちが与えられたことも事実です。主は、主を信じる者に、トラブルと思えることを通じて「すべてのことを働けせて益」とされたのです。

『あなたの信仰を用いて、奇跡をされるイエス様』
【マタイ9:27 イエスがそこを出て、道を通って行かれると、ふたりの盲人が大声で、「ダビデの子よ。私たちをあわれんでください」と叫びながらついて来た。9:28 家に入られると、その盲人たちはみもとにやって来た。イエスが「わたしにそんなことができると信じるのか」と言われると、彼らは「そうです。主よ」と言った。9:29 そこで、イエスは彼らの目にさわって、「あなたがたの信仰のとおりになれ」と言われた。】①ふたりの盲人たちは、「イエス様に願えば必ず癒される」と信じて「イエス様に叫び続け」ました。すると、イエス様は「あなたの信仰の通りになれ」と言われ、癒されたのです。あなたはイエス様をどのように見て、信じていますか。あなたが「純粋

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close