1月16日創世記38-39章 マタイ12:1-21

『生活に直結する信仰』
【創39:1 ヨセフがエジプトへ連れて行かれたとき、パロの廷臣で侍従長のポティファルというひとりのエジプト人が、ヨセフをそこに連れて下って来たイシュマエル人の手からヨセフを買い取った。39:2 【主】がヨセフとともにおられたので、彼は幸運な人となり、そのエジプト人の主人の家にいた。39:3 彼の主人は、【主】が彼とともにおられ、【主】が彼のすることすべてを成功させてくださるのを見た。39:4 それでヨセフは主人にことのほか愛され、主人は彼を側近の者とし、その家を管理させ、彼の全財産をヨセフの手にゆだねた。】①ヨセフは奴隷として、エジプトに売られましたが、主はヨセフを守り、祝福し続けられたのです。そのことによって、ヨセフは主人ポテファルの家の管理を全て任されたのです。天の神様を信じる者は、主の助けを頂くことができます。現状が嘆きたくなるような時でも、主を信じて、歩みましょう。それは生活の変化や守りに直結する信仰なのです。

『本質を見ておられるイエス様』
【マタイ12:11 イエスは彼らに言われた。「あなたがたのうち、だれかが一匹の羊を持っていて、もしその羊が安息日に穴に落ちたら、それを引き上げてやらないでしょうか。12:12 人間は羊より、はるかに値うちのあるものでしょう。それなら、安息日に良いことをすることは、正しいのです。」12:13 それから、イエスはその人に、「手を伸ばしなさい」と言われた。彼が手を伸ばすと、手は直って、もう一方の手と同じようになった。】①イエス様は、安息日には仕事をしないという律法を守り続け、イエス様を陥れようとした人々に対して、「本質を語り」ました。「安息日に良いことをするのは正しい」と言われたのです。イエス様は、人間の体裁や表面的なことではなく、物事の本質をいつも見ておられるのです。そのようなお方が「私たちを見て下さっている」のです。私たちができることは、イエス様に「誠実にお仕えする」だけなのです。小手先のごまかしや、嘘は通用しないのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close