1月26日出エジプト10-12章 マタイ18:15-35

『過越しの意味』
【出12:3 イスラエルの全会衆に告げて言え。この月の十日に、おのおのその父祖の家ごとに、羊一頭を、すなわち、家族ごとに羊一頭を用意しなさい。
12:7 その血を取り、羊を食べる家々の二本の門柱と、かもいに、それをつける。
12:12 その夜、わたしはエジプトの地を巡り、人をはじめ、家畜に至るまで、エジプトの地のすべての初子を打ち、また、エジプトのすべての神々にさばきを下そう。わたしは【主】である。12:13 あなたがたのいる家々の血は、あなたがたのためにしるしとなる。わたしはその血を見て、あなたがたの所を通り越そう。わたしがエジプトの地を打つとき、あなたがたには滅びのわざわいは起こらない。】①主はエジプト脱出に際して、「過ぎ越しの祭り」をするように命じました。これは、子羊イエスキリストを信じることにより、「裁きが過ぎこされる」新約の恵みの象徴なのです。イエス様を信じる者は、罪が赦され、天国への恵みが約束されています。出エジプトで、天の父なる神を信じ、エジプトから約束の地に向かったように、イエスキリストを信じることにより、罪の世界から脱出し、私たちは神様の救いへと入ることができるのです。

『赦すこと』
【マタイ18:23 このことから、天の御国は、地上の王にたとえることができます。王はそのしもべたちと清算をしたいと思った。18:24 清算が始まると、まず一万タラントの借りのあるしもべが、王のところに連れて来られた。
18:27 しもべの主人は、かわいそうに思って、彼を赦し、借金を免除してやった。18:28 ところが、そのしもべは、出て行くと、同じしもべ仲間で、彼から百デナリの借りのある者に出会った。彼はその人をつかまえ、首を絞めて、『借金を返せ』と言った。
18:30 しかし彼は承知せず、連れて行って、借金を返すまで牢に投げ入れた。
18:32 そこで、主人は彼を呼びつけて言った。『悪いやつだ。おまえがあんなに頼んだからこそ借金全部を赦してやったのだ。18:33 私がおまえをあわれんでやったように、おまえも仲間をあわれんでやるべきではないか。』】①王のしもべは1万タラント(莫大なお金)を帳消しにしてもらいながらも、100デナリ(わずかなお金)を赦すことはしませんでした。これは残念ながら、「赦された私たちの姿」を現しているのです。私たちは、「大きな罪」を赦されていながらも(当たり前と考えて)、目の前の「隣人の罪」を「裁き続けて」しまうのです。イエス様のみ言葉を聞き、主に助けていただいて初めて、私たちは「赦すこと」できるようになるのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close