7月6日ヨブ記9-11章 2テサロニケ2章

『正しさと苦しみとを主に訴える』
【ヨブ10:14 もし、私が罪を犯すと、あなたは私を待ちもうけておられ、私の咎を見のがされません。10:15 もし、私が罪ある者とされるのなら、ああ、悲しいことです。私は、正しくても、私の頭をもたげることはできません。自分の恥に飽き飽きし、私の悩みを見ていますから。10:16 私の頭が上がると、あなたはたける獅子のように、私を駆り立て、再び私に驚くべき力をふるわれるでしょう。10:17 あなたは私の前にあなたの新しい証人たちを立て、私に向かってあなたの怒りを増し、私をいよいよ苦しめられるでしょう。】①ヨブは、自分が精一杯、主を信頼し、主に仕えてきたのに、今起きている苦しみと問題が起きている理由が分からず、苦しんでいました。自分は正しいつもりでも、主に罪を見つけられたら、主は自分を打つと感じ、それを言葉に出したのです。苦しみも悲しみも、主に訴え、主に叫ぶのです。その時は答えがないように見えても、主はどこかで答えられるのです。それがヨブの物語です。

『再臨への備え』
【Ⅱテサロニケ2:1 さて兄弟たちよ。私たちの主イエス・キリストが再び来られることと、私たちが主のみもとに集められることに関して、あなたがたにお願いすることがあります。2:2 霊によってでも、あるいはことばによってでも、あるいは私たちから出たかのような手紙によってでも、主の日がすでに来たかのように言われるのを聞いて、すぐに落ち着きを失ったり、心を騒がせたりしないでください。・・・
2:16 どうか、私たちの主イエス・キリストと、私たちの父なる神、すなわち、私たちを愛し、恵みによって永遠の慰めとすばらしい望みとを与えてくださった方ご自身が、2:17 あらゆる良いわざとことばとに進むよう、あなたがたの心を慰め、強めてくださいますように。】①再臨は必ずやってきますが、まだ再臨は来ていません。それまでは、私たちは使徒パウロが言うように『再臨に備えて』生きていくのです。主から正しい知恵を頂いて、時を正しく認識しましょう。そして聖霊に助けられ、良い業に励みましょう。主の慰めと望みとによって、イエス様と共に生きるのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close