7月12日ヨブ29-31章 1コリント5章

『ヨブのうめきと訴え』
【ヨブ30:20 私はあなたに向かって叫びますが、あなたはお答えになりません。私が立っていても、あなたは私に目を留めてくださいません。30:21 あなたは、私にとって、残酷な方に変わられ、御手の力で、私を攻めたてられます。30:22 あなたは私を吹き上げて風に乗せ、すぐれた知性で、私をきりもみにされます。30:23 私は知っています、あなたは私を死に帰らせ、すべての生き物の集まる家に帰らせることを。30:24 それでも、廃墟の中で人は手を差し伸べないだろうか。その衰えているとき、助けを叫ばないだろうか。30:25 私は不運な人のために泣かなかっただろうか。私のたましいは貧しい者のために悲しまなかっただろうか。30:26 私が善を望んだのに、悪が来、光を待ち望んだのに、暗やみが来た。・・・】①ヨブは、かつて人々が自分を尊敬してくれた頃のことを回想しました。なぜなら、ヨブは本当に正しく、人々に常に善行をしていたからです。しかし(神様の許可により)サタンに打たれた後は、人々からバカにされ、軽く見られるようになったのです。ヨブは、神に叫び祈りますが、神はお答えにはなりませんでした。ヨブは絶望し、苦しみの中で叫び続けたのです。・・・人には理由は分かりませんが、叫び続けても、答えが与えられない時があるのです。このことは人間にとって耐えがたい苦痛です。しかしヨブ記から教えられることは、最後には神様は祈りに答えられるのです。そして、すべてが良い方向に向かうのです。

『心の悪いものを取り除く』
【Ⅰコリント5:6 あなたがたの高慢は、よくないことです。あなたがたは、ほんのわずかのパン種が、粉のかたまり全体をふくらませることを知らないのですか。5:7 新しい粉のかたまりのままでいるために、古いパン種を取り除きなさい。あなたがたはパン種のないものだからです。私たちの過越の小羊キリストが、すでにほふられたからです。5:8 ですから、私たちは、古いパン種を用いたり、悪意と不正のパン種を用いたりしないで、パン種の入らない、純粋で真実なパンで、祭りをしようではありませんか。】①使徒パウロは、教会の純潔についてここに書き送っています。聖書で「パン種」は、悪や罪の象徴として記されています。ですから、その悪いパン種をそのままにしておくと、共同体全体に悪い影響を与えると書き送ったのです。・・・私たちは、純粋にイエス様を信じ、十字架と復活を受け止めています。その力が、私たちの生き方に影響を与える時、古いパン種を取り除くようなことが起こるのです。それが悔い改めであり、聖霊による聖めなのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close