7月25日詩編32-35章 1コリント16

『罪や間違いを告白する祈り』
【詩32:5 私は、自分の罪を、あなたに知らせ、私の咎を隠しませんでした。私は申しました。「私のそむきの罪を【主】に告白しよう。」すると、あなたは私の罪のとがめを赦されました。セラ32:6 それゆえ、聖徒は、みな、あなたに祈ります。あなたにお会いできる間に。
 32:8 わたしは、あなたがたに悟りを与え、行くべき道を教えよう。わたしはあなたがたに目を留めて、助言を与えよう。32:9 あなたがたは、悟りのない馬や騾馬のようであってはならない。それらは、くつわや手綱の馬具で押さえなければ、あなたに近づかない。32:10 悪者には心の痛みが多い。しかし、【主】に信頼する者には、恵みが、その人を取り囲む。32:11 正しい者たち。【主】にあって、喜び、楽しめ。すべて心の直ぐな人たちよ。喜びの声をあげよ。】①主の聖さと真実さを知り、「変わろう」という心構えをもって、主の前に祈る者は、「罪や間違い」を認め、必ず神の憐みと赦しを受けることが出来るのです。ダビデはそのような祈りを主に捧げました。自分が間違っていることを主の前に認める時から、主の癒しと回復がなされていくのです。

『主に喜ばれるように生きていく』 
【16:7 私は、いま旅の途中に、あなたがたの顔を見たいと思っているのではありません。主がお許しになるなら、あなたがたのところにしばらく滞在したいと願っています。
16:12 兄弟アポロのことですが、兄弟たちといっしょにあなたがたのところへ行くように、私は強く彼に勧めました。しかし、彼は今、そちらへ行こうとは全然思っていません。しかし、機会があれば行くでしょう。16:13 目を覚ましていなさい。堅く信仰に立ちなさい。男らしく、強くありなさい。16:14 いっさいのことを愛をもって行いなさい。】①パウロは、「主が許されるなら」と考えて行動していました。計画も、「自分の願望」で決めるのではないと考えていました。②「目を覚まし、固く信仰に立ち、愛をもって行う」・・・これらのことは、どんな時にあっても大切なことです。「思い通りになる」ことを願うのではなく、私たちは、「主に喜ばれる」ことを願って生きていくのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close