7月31日詩編56-59篇  2コリント7:2-16

『悩む人の祈り(ダビデ)』詩編56-59篇

【詩56 指揮者のために。「遠くの人の、もの言わぬ鳩」の調べに合わせて。ダビデのミクタム。ペリシテ人が、ガテでダビデを捕らえたときに

 56:1 神よ。私をあわれんでください。人が私を踏みつけ、一日中、戦って、私をしいたげます。56:2 私の敵は、一日中、私を踏みつけています。誇らしげに私に戦いをいどんでいる者が、多くいます。56:3 恐れのある日に、私は、あなたに信頼します。56:4 神にあって、私はみことばを、ほめたたえます。私は神に信頼し、何も恐れません。肉なる者が、私に何をなしえましょう。】①ダビデは、王として将来を約束されていたにもかかわらず、長い間苦しみの時を過ごしました。その苦しみの中で、人間の弱さと人々の本質をまざまざと体験したのです。しかしその中で、ダビデは主をほめたたえ、信頼し続けました。②平常時に問題なくできたことが、苦難の時には難しくなります。しかしダビデは、難しい状況下でこそ、神様が喜ばれることを選び取ったのです。だからこそ彼は、素晴らしい信仰者なのです。

『御心に添った悲しみ』2コリント7:2-16

【Ⅱコリント7:10 神のみこころに添った悲しみは、悔いのない、救いに至る悔い改めを生じさせますが、世の悲しみは死をもたらします。7:11 ご覧なさい。神のみこころに添ったその悲しみが、あなたがたのうちに、どれほどの熱心を起こさせたことでしょう。】①「神様の御心の中」での悲しみは、祈りがますます深くなり、「祈った人」は変えられるのです。しかし世の悲しみは、人を批判します。自分を自虐したり正当化したりして、神様の元に祈りをもっていくことが出来ないのです。悲しみの中でこそ、神様を見上げましょう。神様はその悲しみの背後で、あなたを「聖め成熟させる」ために、働いておられるのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close