6月2日1歴代9-10章 ルカ10:1-24

『主に喜ばれる人生、悲しまれる人生』
【Ⅰ歴代10:13 このように、サウルは【主】に逆らったみずからの不信の罪のために死んだ。【主】のことばを守らず、そのうえ、霊媒によって伺いを立て、10:14 【主】に尋ねなかった。それで、主は彼を殺し、王位をエッサイの子ダビデに回された。】①サウル王は、主に選ばれた人物でしたが、主の言葉を守らず、神に反逆して自分でいけにえを捧げ、物欲に負けてしまいました。「神様」よりも、「自分の名誉や利益」を優先したのです。神様が自分にどれだけ期待と注目をしておられたのかを、サウルは気が付かず、誘惑に負けてしまったのです。信仰は「知っていること」が大事ではありません。知っていることを「実行すること」、すなわち「神様に仕える応答」が大切なのです。主に喜ばれるように生きましょう。知っているだけで実行しないのは、悲しいことです。それは「後悔」しか残らないからです。

『クリスチャンの幸い』
【ルカ10:23 それからイエスは、弟子たちのほうに向いて、ひそかに言われた。「あなたがたの見ていることを見る目は幸いです。10:24 あなたがたに言いますが、多くの預言者や王たちがあなたがたの見ていることを見たいと願ったのに、見られなかったのです。また、あなたがたの聞いていることを聞きたいと願ったのに、聞けなかったのです。」】①イエス様を信じると、神様の子供となり、神様との関係が回復します。これは、人類のすべてが「願っていたこと」です。あなたは「この偉大な恵み」を頂いていることを自覚しましょう。このことが実感として分かる人は、主を「愛し」、心からの「感謝の生活」をおくるようになるのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close