7月1日エステル5-7章 1テサロニケ1:1-2:16

『全ての道に主を認めよ』
【エステル6:1 その夜、王は眠れなかったので、記録の書、年代記を持って来るように命じ、王の前でそれを読ませた。6:2 その中に、入口を守っていた王のふたりの宦官ビグタナとテレシュが、アハシュエロス王を殺そうとしていることをモルデカイが報告した、と書かれてあるのが見つかった。6:3 そこで王は尋ねた。「このために、栄誉とか昇進とか、何かモルデカイにしたか。」王に仕える若い者たちは答えた。「彼には何もしていません。」】①エステルは、命がけで王のもとに行くと、王は謁見に許可を与えて下さいました。エステルは、宴会に王とハマンを招待しますが、用件はその日には言わず、次の日に言うように導かれたのです。ここに主の計画があります。「箴 3:6 あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。」とあるように、主のしるしとメッセージは、私たちの生きている環境にいくつも存在のするのです。そのしるしに目を向け、主のお考えを求め続ける時に、主の計画の道を歩むことが出来るのです。「箴3:5 心を尽くして【主】に拠り頼め。自分の悟りにたよるな。」とある通りなのです。

『自分の限界を超える』
【Ⅰテサロニケ 2:1 兄弟たち。あなたがたが知っているとおり、私たちがあなたがたのところに行ったことは、むだではありませんでした。2:2 ご承知のように、私たちはまずピリピで苦しみに会い、はずかしめを受けたのですが、私たちの神によって、激しい苦闘の中でも大胆に神の福音をあなたがたに語りました。2:3 私たちの勧めは、迷いや不純な心から出ているものではなく、だましごとでもありません。2:4 私たちは神に認められて福音をゆだねられた者ですから、それにふさわしく、人を喜ばせようとしてではなく、私たちの心をお調べになる神を喜ばせようとして語るのです。】①私たちは、天の父なる神様の目的によって、この時代に生まれ、ある使命をもって、生かされています。使徒パウロは自分使命を自覚し、人ではなく、神様を喜ばせたい、と考えて、行動をしました。その結果、主の働きを多くすることが出来たのです。自分のことばかりを考えていると、限界にぶつかります。神様のしるしと導きを受け止め、神様の意思に気がつくときに、私たちは、自分の限界を超えることが出来るのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close