7月27日詩篇38-41篇 Ⅱコリント2:5-3:6

『主に、心に痛みを訴える』
【詩39:1 私は言った。私は自分の道に気をつけよう。私が舌で罪を犯さないために。私の口に口輪をはめておこう。悪者が私の前にいる間は。39:2 私はひたすら沈黙を守った。よいことにさえ、黙っていた。それで私の痛みは激しくなった。39:3 私の心は私のうちで熱くなり、私がうめく間に、火は燃え上がった。そこで私は自分の舌で、こう言った。
39:12 私の祈りを聞いてください。【主】よ。私の叫びを耳に入れてください。私の涙に、黙っていないでください。私はあなたとともにいる旅人で、私のすべての先祖たちのように、寄留の者なのです。】①ダビデは悪者が目の前にいる時には、一切の無駄な言葉を話しませんでした。しかし無言でいると、心の中に激しい痛みと火が燃え上がるのです。ダビデはその痛みと憤りを主に訴えました。そのことによって平安を保ち、最善な判断と行動をすることができたのです。私たちは本音を主に訴える必要があります。それは私たちの心の平安と健康のためなのです。

『サタンに欺かれないために』
【Ⅱコリ 2:7 あなたがたは、むしろ、その人を赦し、慰めてあげなさい。そうしないと、その人はあまりにも深い悲しみに押しつぶされてしまうかもしれません。
2:10 もしあなたがたが人を赦すなら、私もその人を赦します。私が何かを赦したのなら、私の赦したことは、あなたがたのために、キリストの御前で赦したのです。2:11 これは、私たちがサタンに欺かれないためです。私たちはサタンの策略を知らないわけではありません。】①赦しはイエス様の御心です。しかし人を憎むことは、私たちの周りでは日常の様に起きています。しかしその悪感情に安易に流されてはなりません。下手をすると悪魔の策略に乗ってしまい、神様の敵となる行動を取ってしまうかもしれないからです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close