8月12日詩篇90-93篇 ロマ5:1-11

『主の助け』詩篇90-93篇 
【詩91:14 彼がわたしを愛しているから、わたしは彼を助け出そう。彼がわたしの名を知っているから、わたしは彼を高く上げよう。91:15 彼が、わたしを呼び求めれば、わたしは、彼に答えよう。わたしは苦しみのときに彼とともにいて、彼を救い彼に誉れを与えよう。91:16 わたしは、彼を長いいのちで満ち足らせ、わたしの救いを彼に見せよう。】①主を愛する者に対して、神様は特別な配慮をしておられることが分かります。あなたは主を愛していますか。主を愛していれば、主が喜ぶことを求めるようになります。意外と人は自分を愛し、主を無視する傾向があります。自分心を知りましょう。その上で主を心から愛しましょう。それは理屈ではなく、気持ちであり、心の正直な思いなのです。

『神様から与えられた平和』ロマ5:1-11
【ロマ5:1 ですから、信仰によって義と認められた私たちは、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています。5:2 またキリストによって、いま私たちの立っているこの恵みに信仰によって導き入れられた私たちは、神の栄光を望んで大いに喜んでいます。5:3 そればかりではなく、患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、5:4 忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。5:5 この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。】①聖霊によって、神様の愛が注がれた者は、失望を感じるような状況でも希望を持っています。これは綺麗な言葉ではなく、信者の実体験です。患難を通れば通るほど、主との関係が深まり、主との愛の中で平安を感じるのです。これは人間的には不思議なことです。しかし主が働かれる時に起こるのです。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close